<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2006.05.06 Saturday

  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006.05.06 Saturday

違うの
違うの
違うわ

わたし そんなの欲しくない

違うの
違うわ

わたし そっちに行きたくない

決めないで
たったの一言で
わたしの価値を
決めてしまわないで

お願い
お願いだから

本心じゃないって
わかって欲しいのに

2006.05.02 Tuesday

与えることの歓びを
もらえなかったもの
そうか、たくさんあったんだね
辛かったよね
わかるよ、わたしにも

でも
もう終わってしまったことは
どうにもできないでしょ?

もらえなかった辛さ
方向転換してみない?

駄々をこねる子どものように
拗ねていないで
誰かに与える歓びを知って欲しい

素敵な気分になれるんだよ
準備も簡単さ
何も持たなくていい

愛する人に愛を
愛せない人にも、愛を。

2006.05.01 Monday

柔らかい風が吹く
花びらを運んで
綿毛を運んで
わたしの心を
遠くに運んでよ

怖くて怖くて動けないんだ
どうやら足に根っこが生えたみたい
もう飛び出せないわたしを
せめて心だけでも
遠く、遠くへと運んで頂戴

2006.04.13 Thursday

大きくなったら
大きくなったら なんになろ
そうだ かあさまになろう

かあさまのように おまんまこしらえて
かあさまのように しろいシーツをあらって
かあさまのように 花冠あんで

吾子に 吾子の頭にかぶせてあげるの
そうして にっこりほほえむのよ
かあさまのえがおは おひさまだから
吾子はおおきくおおきく そだってゆくの
かぜにゆれて そよそよとそよいでいるの

大きくなったら かあさまになろ

2006.04.10 Monday

どうしても
あなたに
どうしても
言いたいことがあるの

「お前」はやめて

わたし
あなたの付属物じゃないわ

個とした人間なのよ
何もわかってないあなたは

ちょっと
地球の隅で頭冷やしてきなさい

2006.04.08 Saturday

来て。
来て、
もっと、もっとよ
近くに、傍に
肌の温度を感じるくらいに

わたし
もうすぐ行ってしまうの
遠くへ

そしてね
海へ還って
あなたへ戻ってくるわ

だから今は
何も考えないで

来て

傍へ、わたしの

2006.04.08 Saturday

優しく、厳しく
あたしって
すっごく
スケールの小さい人間だから

自分にはたっぷり甘くて
他の人にはすごく厳しいの
もう許せないくらいよ

でも
そんな人間だから
卑しい病気になっちゃうんだよ

ふとね、
そんな気がするの
自分にちょっとだけ甘くて
他の人にたっぷり甘くなろう

なんてね

きれい事なら
いくらでも文字にできる

2006.04.06 Thursday

くれない
あなたは
返事を
くれない

あなたは
見せては
くれない

くれない

待っているの
今も
あなたを・・・

2006.03.29 Wednesday

リボン
オーガンジーの
白いリボンで
ポニーテイルを結んでみたの

桜の下で
風に吹かれながら
花もリボンも揺れるのよ

春だから
もっと表に出て出かけよう
きっとさ
いいことあると思うんだ

2006.03.23 Thursday

あなたに会えて
ちいさな ちいさな
あなたに会えて
わたしは どんなにか
嬉しかったことでしょう

あなたの笑みが
あなたの仕草が
その全てが
わたしの胸を打つのよ

もっと もっと
あなたを抱きしめよう
柔らかくて 優しい
そんなあなたが
わたしは大好きよ

いつか
あなたが巣立っていったら
あなたの幸せを祈るわ
それが何よりのわたしの幸せだから

<<new | 1 / 8pages | old>>
 
ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

▲Top